「EnDlEss DREamER」ブログ

最近はunity5メインで活動中。以前はツクールRGSSネタなど。

§ 武器攻撃回数設定スクリプト制作日記その1

以前にもブログで言っていたかも知れないけど経過。

一応考えてる仕様。

・武器は回数制限付き。無制限も当然設定可能。

・武器アイテムは複数所持しても個別に残り使用回数が違うので必然的に同じ武器が9個などとは出来ない。

・よって、武器は9個持っていれば9個のアイテム欄使用する感じとなる。

・残り回数が0になるとその武器は使用不能。その武器では攻撃出来ない。回復する手段を設ける。

という感じ。



なんだけど、やはりというかアイテム管理面でブチ当ってる。

アイテムの個数管理には Game_party クラス内の def items メソッド内にある @items @weapons @armors が

ハッシュとして設定されていて、ハッシュのキーがデータベースのIDにそれぞれ対応。

純正ではそのハッシュの値に個数である整数が格納されて必要に応じて$data_weaponsなどのデータベースの

グローバル変数を参照して・・・という仕様になっているハズ。




で、いまやってるのがそのハッシュに格納されている整数を更にアイテムID別にハッシュを作成して

キーを所持数・内容が $data_weapons 等からディープコピーしたアイテムという感じにしている。

となると当然、アクターはその武器がどの武器で何番目の武器なのかを保持しなきゃいけない。

装備画面のテスト装備もあるので選択中の何番目の武器・武器データ。選択決定後の番数とデータを用意。

なるべく競合を避けたいので再定義をしないように alias で既存の記述を尊重しながらになる。




戦闘に関しては出来上がってるのでアイテム管理さえ何とか出来れば先が見えるんだけど・・・

装備変更すると動作がおかしい。

減るはずの武器が減らない・増えない。

自分でもだんだん訳ワカメになってきた。


2010/01/16/Sat 19:14:21  VX RGSS2/CM:0/TB:0/
new 武器攻撃回数設定スクリプト制作日記その2 / MAIN / マスコミの偏向っぷりが酷すぎる old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://edlogtkool.blog36.fc2.com/tb.php/508-f6271b44


MAIN
copyright © 2006 「EnDlEss DREamER」ブログ. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房