「EnDlEss DREamER」ブログ

最近はunity5メインで活動中。以前はツクールRGSSネタなど。

§ 続々・crcdisk.sysの悪夢

いやぁ、段々再インストール日記となりつつありますね。
昨日のブログからググってみると「USBへのインストールができない」という仕様らしいので
外付けのHDDと言えどインストールはできないらしいです。

ということで、クイックフォーマットしてメインPCに接続しなおして起動!
Win7インスコUSBでブートしてインストール・・・のはずが
ロゴ直後までいったけどマウスが表示されたのみでフリーズ。
その後、何度かインストールを試みるが以前同様にロゴ表示前にフリーズ。
データはまっさらだし、原因となるcrcdisk.sysも消えてしまってないじゃん!!
どゆこと??

最初にcrcdisk.sysでググっているときになんとなく見たような気がしたのは
「データの破損」とかソフト的なものではなく「ケーブル差し替え」などなど「ハード的対処」
にて再起動が復活していることが多いって言うこと。
大抵はセーフモードすら起動しないオチなので外部からエラーチェックやリカバリなどを施すわけで
「ハード的に不具合が発生していることが原因」かもしれないというのもこの関連エラー原因のひとつなのか???

HDDを買い換えれば問題ないわけなんだけど、そんな金も惜しいので現在あるもので頑張る!
ということで、初歩的な所を説明「フォーマットについて」
フォーマットと言えば「データ全部消すんでしょ?」という認識しかない。
mitsu-evoもそんなに深く考えていない一人。

HDDのフォーマットには2種類存在する。
ひとつは「クイックフォーマット」
これは文字通り処理が早いフォーマット。
多分みんなやってるのはこっちのフォーマット。
実は「不良セクタ」のエラーチェックを行っていない。
加えてデータが存在する「アドレスだけを消去」することで「見た目上データが消えた状態」にする。
つまり「データ復元ソフト」で元のデータを復元できる可能性がある。

もうひとつは「フォーマット」
クイックフォーマットのチェックを外した場合のフォーマット。
これは上記に言っている不良セクタのチェックを行ったりしてから「データそのものを消去」して
本当にまっさらにするフォーマット。
だから時間がエライかかる。
本当はHDDを購入して使用前にフォーマットしてからデータを入れたりするのが当たり前らしい。
mitsu-evoはHDDとかあんまり買わないので知らなかったが。
USBメモリとかもそういう風にして使うのがいいんだろうね。

とにもかくにも、動作がおかしいのでフォーマットをしてからこれから再インスコ予定。
駄目ならそのHDD投げて、SATAのHDD残り何十ギガかの空き容量に突っこむしかない。

どっちにしろメインのVistaは本日完全に消去されたので元には戻れない。
やるしかないのさ。
さらに続く・・・


追記
フォーマットしたHDDを接続せずに起動したらPCの音の静かなこと、静かなこと。
「うぃ~~ん!!」
とか言って動いているのが当たり前だったので、CPUファンとかグラボとかいろいろうるさいんだと思ったら
そうでもないようで、驚くほど静か。
まったく外部から読み込みがうまくいかないので試しにフォーマットしたHDD外して起動。
SATAのHDDに入れるつもりでやってみた感想でした♪


2011/04/05/Tue 01:23:23  思いつき/CM:0/TB:0/
new ティグレXのバッテリー交換 / MAIN / 続・crcdisk.sysの悪夢 old

COMMENT

COMMENT POST

/
/
/
/



 
 内緒です♪

TRACK BACK

  この記事のURL:
   http://edlogtkool.blog36.fc2.com/tb.php/741-21015566


MAIN
copyright © 2006 「EnDlEss DREamER」ブログ. All Rights Reserved.
Template by TAE-3rd☆テンプレート工房